賃貸を借りて家に住む【デザインセンスのある最新住宅】

センスあるマンション

郊外に暮らしたい

こだわりがある賃貸マンション

近年はデザイナーズマンション、高級マンション、家具付きマンションなど、他の賃貸マンションと差別化を狙ったこだわりのある賃貸マンションが増えてきています。何か月も借り手がつかない賃貸マンションの空き室を改善するために、大幅に改修工事をしてシェアハウスとして貸し出したり、ペット可物件にして貸し出したりしている例もあります。通常の賃貸マンションに飽きた人に、オリジナリティのあるデザイナーズマンションが人気です。デザイナーズマンションは住みやすさよりも見た目のセンスや美しさ重視で作られています。窮屈でありきたりな作りの賃貸マンションとは違ってゆとりを持った構造になっていて、家に帰るのが楽しみになるマンションです。

デザイナーズマンションの注意点

多くのデザイナーズマンションは空間が広く取られているため、開放的で光に満ちた生活ができます。しかし、デザイナーズマンションは審美性は優れていますが、機能的な面では劣る物件もあります。天井が高いので上にある電球が替えずらかったり、窓が開けにくかったり、収納が少なくて物を置くところがなかったりといった欠点があるデザイナーズマンションもあります。また、人気のコンクリート打ちっぱなしのデザイナーズマンションは、真夏は暑くなり、梅雨時は湿気がこもってカビがはえることもあります。基本的にフロアが広いため、掃除をするのが大変です。そうした欠点をよく理解したうえでデザイナーズマンションを借りることが大切です。