賃貸を借りて家に住む【デザインセンスのある最新住宅】

低収入でも住める

仕切りをつける

特優賃とはいったい何か

最近特優賃という言葉をよく聞きます。特優賃とは特定優良賃貸住宅の略称で、家賃に対して一定の補助が国や地方自治体から出る大型賃貸物件です。特優賃に似たものにUR住宅がありますが、そもそもURは団体の名前で特優賃は制度の名前なので比較ができません。どちらも似た様なものであるという認識でいいのではないでしょうか。特優賃の特徴は、収入に応じてその家賃の負担額が変わってくるという点です。収入が低いほど家賃の負担額が少なくなり、収入が高いほど家賃の負担額が大きくなるのです。もともと特優賃という制度は、中程度の所得者の家賃の負担を減らす目的と、賃貸マンションの賃料の高騰を防ぐ目的があるのです。特に前者は所得によって負担が違う根拠になっています。

特優賃のメリットとはいったい何でしょうか。まず補助金が出るという点です。もともと家賃自体が決して安くは設定されていない特優賃ですが、収入に応じて補助が出るという点は魅力的ではないかと思います。また、物件の質もよく、屋根の高さが2.3メートル以上あったり、専有面積も50から125平方メートルとまずまずの広さといえます。また、仲介手数料、礼金が不要な点も注目するべきメリットと言えます。これに対して特優賃のデメリットは、1,2年に1度家賃の見直しがある点です。傾斜型の場合は年々負担が多くなる傾向、つまり補助が減少する傾向にあるのです。また、そこに住んでいる人の質がいまいちの場合があり、騒音などの問題もあるのです。